尼崎中2女子自殺 教員6人「兆候」に接するも対応せず 担任、母親に「人間関係で問題ない」

©株式会社神戸新聞社

調査報告で学校側の対応の不手際を指摘され、謝罪する松本眞教育長(左から2人目)=18日午後、尼崎市東七松町1、市政情報センター(撮影・風斗雅博)

 2017年12月、兵庫県尼崎市立中学2年の女子生徒=当時(13)=が自殺した問題で、クラスの担任教諭ら少なくとも6人の教員が、いじめなどをほのめかす女子生徒の言動に接しながら、対応していなかったことが分かった。6人はこうした女子生徒に関する情報を、他の教員や校長、教頭ら管理職にも伝えていなかった。(大盛周平)

 生徒は17年12月20日、「学校がしんどいです」などと書いたメモを残して自殺した。調査した同市教育委員会の第三者委員会が18日、クラスや所属していたソフトテニス部でのいじめと、教員の不適切な対応が自殺の原因と指摘した。

 調査報告によると、生徒は自殺する1カ月以上前の11月上旬、アンケートで2回にわたり、同級生からの嫌がらせや心の悩みなど、いじめを示唆する回答を記した。だが担任教諭は本人から聞き取りをせず、他の教員にも伝えなかった。

 さらに担任教諭は、自殺の5日前にあった生徒、母親との期末面談で、母親に娘の人間関係を尋ねられ「問題ない」と答えていた。

 他にも部活顧問や別のクラスの担任、学年主任ら少なくとも5人の教員が、女子生徒や友人から部員間のトラブルなどについて聞かされながら、放置したり、女子生徒が「トラブルを言いふらしている」と誤解して叱責(しっせき)したりしていた。

 校内には、いじめなどに対応するため、管理職らでつくる委員会があったが、女子生徒に関する情報は伝わらず、校長や教頭は把握していなかったという。

 学年主任も委員会のメンバーで、いじめの情報を知った場合は報告する役割を担っていた。だが女子生徒から、亡くなる当日に部活のトラブルを訴えられた際、別のクラスの担任と同様に「言いふらしている」と誤解して口止めしていた。