旧都城市民会館、解体決定 市議会、予算原案を可決

©株式会社宮崎日日新聞社

 都城市が解体方針を発表した旧都城市民会館を巡り、同市議会は19日の本会議で、同会館の解体工事費などを計上した2019年度一般会計当初予算案を原案通り、賛成多数で可決した。総務常任委員会(川内賢幸委員長、7人)は同日、解体工事費を減額した当初予算案の修正案を本会議に提出したが、反対多数で否決された。原案の可決に伴い、解体が正式に決まった。