トランプ氏がツイッターを批判

政敵攻撃に愛用も「民主党側」と

©一般社団法人共同通信社

トランプ米大統領(AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は19日、政敵を攻撃するため愛用するツイッターなど会員制交流サイト(SNS)について「民主党側だ」とツイッター上で批判を展開した。米大統領選が来年に迫る中、自身に批判的な言説がネット空間で広がるのをけん制した形だ。

 これまで自身に批判的なCNNテレビなど米大手メディアを「フェイク(偽)ニュース」と何度も攻撃してきたが、SNSまで対象を拡大。トランプ氏は「堕落メディアは無論、フェイスブックやグーグル、ツイッターも急進左派の民主党の側だ。しかし恐れることはない。われわれは勝つ」と書き込んだ。