津 顧客460人の意見聞く ぎゅーとらが新商品試食会 三重

©株式会社伊勢新聞社

 【津】伊勢市を拠点に三重県内に29店舗を展開する総合食品スーパー「ぎゅーとら」(清水秀隆代表)は19日、津市羽所町のホテルグリーンパーク津で春の新商品試食会を開催した。同社と取引する51社が一押しの商品を出展し事前に選ばれた顧客460人が参加した。

 顧客の意見を販売促進につなげようと春と秋の年2回開催し4年目。参加者は期間中に一定額以上を利用したカード会員の応募約3千通から抽選で選んだ。

 会場では食品、菓子、飲料、調味料などのメーカーが春の新商品一品を準備し商品の特徴を紹介。来場者は試食した商品ごとにアンケート用紙に記入し、5品を選んで投票した。

 祖母と訪れた松阪市の大学生、野呂歩未さん(19)は「食べたことのない商品を食べられるのがいい」、夫と来場した鈴鹿市の喜多川つぎ子さん(68)は「試食すると商品に愛着がわく。他のスーパーにはない取り組み」と喜んでいた。

 来場者が投票した上位10品は4月8日の折り込みチラシで紹介する予定。清水代表(60)は「メーカーとお客さまをつなぎバイヤーとは違う感覚を知る機会になる」と話した。

【メーカーの担当者の説明を聞く来場者ら=津市羽所町のホテルグリーンパーク津で】