経済効果 初の5千万円超

苫小牧・昨年のコスプレフェスタ

©株式会社室蘭民報社

今年は11月2、3日開催

5千万円の経済効果を生み出すイベントに成長したコスプレフェスタ=昨年11月3日、樽前山神社

 昨年11月、苫小牧市内全域で開催された「第6幕とまこまいコスプレフェスタ」の経済効果は5225万円となり、初めて5千万円の大台を突破したことが同実行委員会の集計で分かった。今年の開催日は11月2、3の両日。イベントの認知度の高まりが誘客アップにも結び付いており、今後の展開に大きな期待が高まっている。

 同実行委によると、昨年11月3、4両日、苫小牧市内全域で開かれた6回目のコスプレフェスタはトークショーに声優、女優として活躍する日高のり子さんをゲストに迎え、市内16カ所に撮影スポットを設けた。恒例となっている樽前山神社での成功祈願祭からイベントが始まり、カラオケ大会やコスプレ学力テスト、交流会、メードカフェなど盛りだくさんのイベントを展開した。

 その結果、入場者は過去最高となった前回と同じ1万6千人。事務局の一般社団法人・新文化経済振興機構(札幌市)の堀口哲行理事長は「胆振東部地震の影響で予想よりも3千人減った」という。客層の6割は男性で、6割が20代。地区別では道内からの参加者が76%、苫小牧市内が20%、道外4%となっている。経済効果については宿泊費962万円、飲食費3629万円など合わせて5225万円。道内参加者は3938万円、道外参加者1287万円だった。

 堀口理事長は「苫小牧の資源を生かしたイベントづくりを進めているが多くのプレイヤーに浸透してきている。コスプレの聖地・苫小牧をさらにPRしていきたい」と意気込む。
(佐藤重伸)