美作・湯郷温泉街でおひな祭り 旅館や店35カ所、華やかに彩る

©株式会社山陽新聞社

 美作市の湯郷温泉街で恒例の「おひな祭り」(地元女性による実行委主催)が開かれ、旅館やホテル、店先などを華やかに彩っている。24日まで。

 家庭で大切に守ってきたり、寄贈されたりした品々を約35カ所で披露。子どもが見上げるような高さを誇る豪華なひな壇、ホテルに置かれた明治後期の珍しい館びなをはじめ、湯郷こども園児が画用紙で手作りした内裏びななど、街角で見られるちょっとした小物もおもてなしムードを盛り上げる。

 親子や友人グループ、夫婦らが春の温泉街を散策しながら、鮮やかなひな飾りの写真撮影を楽しんでいる。

 16、17日に予定されていた湯神社参道の石段約30段を飾る階段びなは降雨のために中止となり、18日に特別に設置された。次回は23、24日にお披露目される。

 問い合わせは湯郷温泉観光案内所(0868―72―2636)。

温泉街を散策しながらひな人形を楽しむ家族連れ
色鮮やかな人形に彩られた参道の石段。23、24日にも披露される
ホテルで披露されている明治後期の館びな
玄関や店先には小さな人形が並び、おもてなしムードを高めている