「アイ・ヘイト・コリアン!」 大暴れの厚労省酔っ払い課長は「働き方改革」の旗振り役

©株式会社ジェイ・キャスト

厚生労働省の男性職員がソウルの金浦空港でトラブルを起こし、警察の取り調べを受けていたことが2019年3月20日、同省への取材で分かった。職員は労働基準局の賃金課長だった武田康祐氏(47)。同日付で大臣官房付へ異動となり、事実上の更迭となった。

地元メディアの映像より

現地メディアでは、男性が職員らに暴行する様子が映像で報じられている。厚労省人事課の担当者は韓国メディアで報じられている男性と同一人物かどうかについては「現時点で調査中」と答えるにとどめた。

職員を突き放す、蹴る→取り押さえられて「オーケー」

韓国の地元メディア「JTBC」は3月19日、ネット上にニュース映像を公開し、「韓国を訪れた40代の日本人男性が航空会社の従業員を暴行して逮捕された」などと報じた。

映像では、日本人男性が「私は韓国人が嫌いだ(アイ・ヘイト・コリアン)!」などと英語で叫ぶ様子が写っており、従業員とみられる人物に紙のようなものを投げつけている。男性は「座ってください」と促されるも、「酔っていない。とても怒っている」などと反論。よろめきながら職員とみられる人物を両手で突き放したり、蹴ったりするも、最終的には両手で首を取り押さえられ、「オーケー」などとなだめられていた。男性は泥酔状態だった。

中央日報日本語版によると、騒ぎは金浦空港から羽田へ向かう直前に乗り口付近で発生。航空会社の職員が酒の臭いが激しいことに気づき、「待ってほしい」などと要請したという。

J-CASTニュース編集部が20日、厚労省の人事課に確認したところによると、武田課長は私用で韓国を訪れ、休日だった。19日に日本に帰国しているが、20日は休みを取っているという。担当者は取材に対し、「海外でトラブル起こしたことは誠に遺憾なことでお詫び申し上げる。事実関係は引き続き調査する」と話していた。

武田氏は、厚労省の採用パンフレット「総合職入省案内2018」にも登場している。資料によれば、1995年に旧労働省へ入省し、在タイ日本国大使館などを経て、2017年から賃金課長。15年には安倍晋三首相が進めていた「一億総活躍社会」を実現すべく、内閣参事官として「働き方改革」などに取り組んだ。パンフレットでは、当時のエピソードを振り返りつつ、入省を呼びかけている。

(J-CASTニュース編集部 田中美知生、城戸譲)