ノーベル賞の益川敏英教授が退職

京都産業大、2008年物理学賞

©一般社団法人共同通信社

益川敏英教授

 京都産業大は20日、2008年にノーベル物理学賞を受賞した益川敏英教授(79)が、高齢などを理由に3月31日付で退職すると明らかにした。若手研究者育成のための学内の組織で、塾頭を務める「益川塾」は同日付で廃止される。

 益川氏は03年に京都産業大の教授に就任。ノーベル賞受賞後の09年に益川塾が設立され、定年のない「終身教授」となっていた。

 益川氏は「若い人には夢中になれることを探してもらいたい。指導する立場にある人には、若い人を正しく導いてもらいたいと思う」とのコメントを発表。今後は、読書やクラシック音楽を楽しみ、ゆっくり過ごしたいとしている。