大苦戦の武藤嘉紀に英メディアが強烈指摘 「貢献したところを思い出せない」

©株式会社FACTORIES

ニューカッスルの武藤 photo/Getty Images

レスター・シティでリーグ制覇まで成し遂げたFW岡崎慎司に続いてくれ。昨夏ニューカッスルに移籍したFW武藤嘉紀には大きな期待がかかっていた。日本のサッカーファンだけではない。期待していたのはニューカッスルのサポーターも同じで、今季はサロモン・ロンドンと武藤のコンビがカギを握ると思われていたのだ。

しかし、ロンドンに対して武藤は出番を失っている。アジアカップに参加していたことも影響しているが、後半戦は途中出場さえできない難しい時期を経験した。当然この出来にニューカッスルが満足しているはずはない。

ニューカッスル専門メディア『THE MAG』は、武藤が活躍した時を思い出すのが難しいと厳しい指摘をしている。

「武藤は昨夏最大の補強だった。ニューカッスルのサポーターは彼のことをあまり知らなかったが、新戦力にはいつだってポジティブな期待をかけるものだ。しかし、我々は依然として武藤がプレミアリーグで十分に良い選手だというところを見ていない。相手の守備がカオスだったマンチェスター・ユナイテッド戦の前半を除いて、武藤が今季貢献したところを思い出せない。武藤は今季リーグ戦で5回先発し、ユナイテッド戦の1点だけだ」

もちろんニューカッスルも武藤が活躍してくれるとの期待を込めて獲得したはずだが、同メディアはそもそも補強にかける資金が少なかったとクラブの戦略に不満を漏らしている。他クラブに比べてニューカッスルの補強が不十分というのは開幕前から指摘されていたが、もっとお金をかけて武藤以上のアタッカー獲得へ動くべきだったのではないかと同メディアは考えているのだ。

武藤はマインツで結果を出したが、ワールドクラスの点取り屋というわけではない。ましてやプレミアは初挑戦だ。補強戦略に誤りがあったと同メディアは捉えているようだが、武藤は挽回できるだろうか。今季はなかなか厳しい内容となっている。