取手中3自殺 いじめと因果認定 担任指導「引き金」 茨城県調査委報告書

©株式会社茨城新聞社

2015年11月に取手市立中学3年の中島菜保子さん=当時(15)=が日記に「いじめられたくない」と書き残して自殺した問題で、茨城県が設置した第三者による調査委員会は20日、同級生によるいじめを認定し、「いじめと自殺は因果関係があったものと認める」とする報告書を公表した。さらに、担任教諭による指導が「自殺の引き金になった」とも指摘した。

報告書では、同級生3人によるいじめとして▽からかい、非難▽人格を誹謗(ひぼう)中傷する文言▽「くさや」と呼ぶ▽体育の授業で仲間外し-の四つを認定。中学3年の2学期以降、集中的にいじめが行われたと指摘し、「いじめがなければ自殺はなかったと推認され、いじめと自殺は因果関係があった」と結論付けた。

また、自殺直前に別の生徒がガラスを割ったことに対し、事実関係の確認が不十分なまま担任教諭が行った指導が、菜保子さんを心理的に追い詰め、「自殺の引き金になった」とした。

一方、取手市教委がいじめ防止対策推進法に基づく「重大事態」に該当しないとした議決は、自殺の結果や両親の訴えから、「重大事態に該当することは明らかで、これに反する議決は違法」と指摘した。

同調査委の栗山博史委員長は「両親の意向でもある『菜保子さんの立場に立って考える』ことを念頭に調査に当たった。報告書の内容は今後、実効的な再発防止策の検討に生かしてもらいたい」と述べた。

調査委は18年3〜7月、両親をはじめ、担任ら教職員10人、いじめを認定した生徒を含む生徒14人、市教委5人から聞き取り調査を行い、計23回の会合を経て、報告書をまとめた。