有村架純が「ひよっこ」岡田惠和脚本で坂口健太郎と純愛ラブストーリー!

©株式会社東京ニュース通信社

有村架純と坂口健太郎が、今夏放送のWOWOWプライム「連続ドラマW そして、生きる」に主演する。

同作は、有村とはNHKの連続テレビ小説「ひよっこ」(2017年)でも組んだ岡田惠和氏によるオリジナルドラマ。東日本大震災後の日本を舞台に、宮城・気仙沼でボランティア活動に参加する女優志望の生田瞳子と、東京の大学生で学生ボランティア団体の運営メンバーの清水清隆が出会い、ひかれていく純愛ラブストーリーになる。

有村は「岡田惠和さんとは、5作品目となります。岡田さんの脚本は、人の痛みと幸せが絶妙のバランスで成り立ち、誰もが感じたことのある繊細なラインの感情を突く。そして、毎回違う自分を引き出してくださる脚本、キャラクターに愛情をひしひしと感じ、今回の作品もワクワク度が高まる一方です」と期待。坂口との3年ぶりのドラマ共演には「お互いにこの3年間で経験したことをぶつけ合い、楽しく、リラックスしながら良い作品となるように共に頑張りたい」と期待を寄せる。

坂口は「すごく繊細で、そこで生きている人の体温、匂いを感じる本だと思いました。少しずつ、とても丁寧に役作りをして、清隆として作品に向き合っていきたいと思っています」と意気込み、有村とは「何度かご一緒させてもらっていて、役を生きる女優さんだなと感じています。清隆として、瞳子の気持ちに寄り添ったお芝居をしたいと思います」と話している。