熊本地震3年「祈念ウイーク」 追悼式や支援イベント

©株式会社熊本日日新聞社

 熊本県は20日、熊本地震から3年を迎える4月中旬に県内で開かれる「復興祈念ウイーク」の関連行事を公表した。犠牲者に鎮魂の祈りをささげる追悼式や、復興支援イベントがある。

 追悼式は前震が発生した14日、県庁地下大会議室で午前10時から。遺族や被災自治体の首長、地震の経験を受け継ぐ高校生ら約350人が参列する。正午に会場を一般開放し、献花を受け付ける。

 14日午後1時から、県立劇場でオーストリアを拠点に活躍する指揮者佐渡裕さんを招く「くまモン音楽祭」を開催。同日午後3時から熊本テルサで「くまもと復旧・復興有識者会議」があり、熊本の将来像を議論する。

 9~21日は県立美術館分館で県ユニセフ協会などが「熊本地震・東日本大震災報告写真展」を開き、全国28の新聞社や通信社、写真家22人が出展。スポーツ関係では、復興支援マッチと題し、サッカーJ3ロアッソ熊本戦(7日)、バスケットボールの熊本ヴォルターズ戦(13、14日)がある。(高宗亮輔)

(2019年3月21日付 熊本日日新聞朝刊掲載)