【MLB】イチロー、22スイングで5本柵越え 2夜連続で起用の指揮官「先発がベスト」

©株式会社Creative2

前日の交代時に握手を交わしたマリナーズ・イチロー(左)とサービス監督【写真:Getty Images】

「9番・右翼」で2試合連続スタメン、サービス監督は「やるべきことをしたかった」

■アスレチックス – マリナーズ(21日・東京ドーム)

 マリナーズのイチロー外野手が21日、アスレチックスと対戦する「2019 MGM MLB日本開幕戦」の第2戦(東京ドーム、18時35分開始)に2試合続けて「9番・右翼」でスタメン出場する。前日の開幕戦後には、イチローのスタメン起用を明言していなかったスコット・サービス監督は試合前、「やるべきことをしたかった」と話した。

 20日の開幕戦では4回にいったん守備に就き、交代を告げられて同僚らと抱擁しながらダグアウトに戻ったイチロー。“粋”な演出に東京ドームははじめは騒然としたものの、その後は大きな拍手に包まれた。打撃では2打席で1打数無安打1四球。バットから快音は響かなかった。

 試合後、サービス監督は「みんながイチローを見たいのは分かっていたが、チームの勝利のために交代を決意した」と説明。そして、「イチローは明日(21日)試合に出る」と明言したが、「先発するかわからないけど、試合には出る」とスタメンで起用するかは明らかにしていなかった。

 一夜明けたこの日、サービス監督は前日と同じ「9番・右翼」でイチローをスタメン起用。試合前の記者会見で「彼を試合に出場させたかった。そして彼を先発させるのがベストだと思った。彼の昨夜の打席はグッドだった」と話し、「今日も多くの観客がくるだろう」「(イチローのためにもファンのためにも)やるべきことをしたかった」と話した。

 試合前のフリー打撃では22スイングで5本の柵越えを放ったイチロー。最高の舞台で待望のヒットは飛び出すか。期待は高まっている。(木崎英夫 / Hideo Kizaki)