日経平均に連動して味が変わるコーヒー「NIKKEI BLEND」3月25〜29日、コレド日本橋で無料提供

©株式会社共同通信PRワイヤー

2019年3月22日
株式会社 日本経済新聞社

日経平均に連動して味が変わるコーヒー「NIKKEI BLEND」
3月25〜29日、コレド日本橋1階エントランススペースで無料提供

株式会社日本経済新聞社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:岡田直敏)は、2019年3月25日(月)〜29日(金)に東京・日本橋の商業施設、コレド日本橋1階のエントランススペースに特設コーヒースタンドをオープンし、日経平均株価に連動して味が変わるコーヒー「NIKKEI BLEND(ニッケイブレンド)」を無料で提供いたします。提供時間は9時~15時です。

日経平均のデータをリアルタイムで取得し、店頭に表示するほか、味や挽き方の異なる5種類のコーヒー豆を日経平均データに合わせて独自のアルゴリズムによりブレンドする特製のコーヒーマシンを店内に設置。日経平均が前日終値よりも上がるほど苦味が強く味が濃くなり、逆に下がるほど酸味が強く味が浅いコーヒーを自動で抽出します。

日経平均は日本経済を映す鏡といわれています。日経平均、さらには日本経済をNIKKEI BLENDの“味覚”を通して実感いただき、より身近に感じてもらうことを目指します。

コーヒーを注ぐ紙コップには、当日の日経朝刊1面の一部を掲載し、コップを覆うスリーブには、その時の日経平均の実数値と、前日の終値を印刷します。昨年11月にリリースした「日経AR」アプリを起動し、スリーブ内のマーカー(前日終値が印刷された部分)を読み込むと、当社編集委員、鈴木亮の株式相場解説を動画でご覧になれます。

イベント期間中の5日間は、日経朝刊に「NIKKEI BLEND」の広告を毎日掲載します。広告内のマーカーを日経ARで読み込むと、前日分の解説動画のアーカイブを見ることができます。

今回の企画は、当社が算出する日経平均と日経ARアプリに対する認知度を一段と高めることを目的に開催します。

●店舗イメージ

●紙コップ/スリーブイメージ

「NIKKEI BLEND」実施概要

●実施期間:2019年3月25日(月)〜29日(金) 9:00〜15:00
●会場:コレド日本橋1Fエントランススペース(東京都中央区日本橋1-4-1)
●アクセス:東京メトロ銀座線・東西線・都営地下鉄浅草線「日本橋」駅直結
東京メトロ半蔵門線・銀座線「三越前」駅より徒歩3分
JR各線「東京」駅より徒歩6分
●内容:日経平均株価に連動して味が変わるコーヒーを無料で提供。
提供する紙コップのスリーブには日経平均を印字。
日経ARアプリで鈴木亮編集委員の相場解説動画(毎日2回更新)を視聴可能。
実施期間中、日経朝刊の広告から、ARアプリで解説動画の前日のアーカイブを視聴可能。
※当日スリーブに印刷される日経平均の実数値は10分単位で更新予定。
●特設ウェブページ : http://adnet.nikkei.co.jp/a/nikkeiblend
※なお、当初リリースに記載しておりましたURLに誤りがありました。正しくは上記になります。
(2019年3月22日16時)

「日経AR」による株式相場解説動画配信

●利用方法
(1)「日経AR」アプリをインストール(無料)
App Store : https://itunes.apple.com/jp/app/id1441094001?mt=8
Google Play: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nikkei.ar&hl=ja
(2)「日経AR」アプリを起動し、紙コップのスリーブに印刷された前日終値部分を読み込む。
(3)鈴木亮編集委員の相場解説動画が再生されます。

●日経ARの詳細
こちらをご覧ください:https://adweb.nikkei.co.jp/ar/lp/

日本経済新聞社について
日本経済新聞社は1876年以来、140年にわたってビジネスパーソンに価値ある情報を伝えてきました。約1500人の記者が日々、ニュースを取材・執筆しています。主力媒体である「日本経済新聞」の発行部数は現在約235万部、2010年3月に創刊した「日本経済新聞 電子版」の有料会員数に日経産業新聞や日経MJ、日経ヴェリタスの紙面ビューアー契約数、人事ウオッチ契約数を加えた「デジタル購読数」は66万で、有料・無料登録を合わせた会員数は400万を上回っています。