小禄、宜野座など2回戦へ 沖縄県春季高校野球

©株式会社沖縄タイムス社

 高校野球の第66回沖縄県春季大会(主催・県高校野球連盟)が21日、開幕した。65校62チームが出場。初日は北谷球場ほかで1回戦9試合を行い、小禄、宜野座、美来工科、日本ウェルネス沖縄、中部商業、具志川商業、那覇、普天間、与勝が2回戦に進んだ。

 小禄は3-2の七回、北谷に追い付かれて延長に突入。十回裏2死満塁、川満玲央が左翼に決勝打を放ち、4-3で退けた。先発の呉屋敬が9回被安打6の自責点1と好投した。

 宜野座は具志川と4-4で迎えたタイブレークの延長十四回表1死満塁、6番金城隆政の2点適時打で6-4で競り勝った。

 美来工は3-4の六回、比嘉真大の右翼線への適時打などで勝ち越し、前原に5-4で逆転勝ちした。

 ウェルネスは先発の比屋根柊斗が被安打4の自責点0で完投し、2-1で読谷を破った。

 中部商は右腕の宮城竜輝が中部農林を2安打に抑えて2-0の完封勝利。具商は3投手の継投で豊見城打線を抑え、6-1で勝利した。与勝は名護商工を4-0、普天間は那覇西を6-0、那覇は浦添を4-2でそれぞれ制した。

 第2日は23日、同球場ほかで1回戦8試合を行う。

 

◆21日の結果

▽1回戦

宜野座 6-4 具志川

普天間 6-0 那覇西

那覇 4-2 浦添

具志川商 6-1 豊見城

与勝 4-0 名護商工

美来工 5-4 前原

小禄 4-3 北谷

ウェルネス 2-1 読谷

中部商 2-0 中部農

 

◆あす23日の試合

▽1回戦

〈北谷、9時〉

嘉手納-那覇国

美里-宮古工

沖高専-西原

〈アトムホーム宜野湾、9時〉

宜野湾-八重山

陽明-石川

浦添商-南風原

〈セルラー、12時〉

那覇商-浦添工

南部商-沖縄工

北谷-小禄 九回1死二塁、小禄の川満玲央が右前打を放つ=沖縄セルラースタジアム那覇(當銘悠撮影)