関牛乳 高付加価値製品に力 バリスタ監修のカフェオレ発売 アイスも刷新、「フルーツ」追加

©株式会社中部経済新聞社

乳製品メーカーの関牛乳(本社関市観音前、吉田宰志社長、電話0575・22・0402)は、高付加価値の製品開発に注力している。地元出身のバリスタ監修のもと、看板商品「関牛乳」とコーヒーを使用したカフェオレを6月に発売する計画。3月には関牛乳を使用したアイスクリームをリニューアルした。原料費や物流費が高騰する中、安価な製品との差別化で収益を確保する。

バリスタの大野氏(左から2人目)監修で「関オ・レ」を企画(左が吉田社長)