コツメカワウソ 箱根園で初のベビー

箱根町・湯河原町・真鶴町

©株式会社タウンニュース社

 箱根園の淡水館でコツメカワウソの赤ちゃん4匹が、21日から公開されている。母親は「ハナ」で、父親は2歳下「フユ」。繁殖を目指して昨年お見合いし、仲睦まじく暮らしていた。秋ごろからハナが太り始め、12月17日にキーッといった声を出したり、自分の手をかむなど陣痛らしい行動を見せていた。翌日になり、出産が確認された。

 同園でのコツメカワウソの繁殖は初。その後も飼育員はあえて手を出さず、2匹による子育てを見守ってきた。子どもたちは先月中旬に離乳し、今は親と一緒にアジなどを食べている。食事前は麻袋の中に寄り集まって眠っているが、賑やかな食事が始まると飼育員につかまったり、じゃれあう姿も。4月には新しい飼育室に移される予定で、赤ちゃんの名前も募集している。