菜の花が見ごろ 諫早・白木峰高原

©株式会社長崎新聞社

 長崎県諫早市白木峰町の白木峰高原で、菜の花が見ごろを迎えている。諫早湾や雲仙・普賢岳を望む五家原岳中腹にある約1.1ヘクタールの花園の斜面に広がる黄色いじゅうたんが、来園者の目を楽しませている。

 花園の管理などをしている地域住民らでつくる同高原育成会の松本茂会長(68)は「温暖で例年に比べ1週間ほど開花が早い。見ごろは3月末までで、4月中旬まで楽しめそう。来週中旬には園内のソメイヨシノも開花し、名物の“競演”も見られるのでは」と話す。

 19日に大村市から夫婦で訪れた山本麻理奈さん(30)は「花も景色もきれいで、気持ちよく過ごせた」と笑顔で話した。

4月中旬ごろまで楽しめる菜の花=長崎県諫早市、白木峰高原