ヴェンゲルがアーセナルの後任に望んでいたのは? ELで激突する運命に

©株式会社FACTORIES

アンチェロッティとヴェンゲル photo/Getty Images

ヨーロッパリーグ・準々決勝のカードで最も注目されるのはアーセナルVSナポリだろう。どちらも優勝を狙う力があり、2試合とも攻撃的で面白いバトルが繰り広げられるはずだ。

またナポリを指揮しているのがカルロ・アンチェロッティというのも興味深い。伊『Calcio Napoli24』によると、アーセナル前監督アーセン・ヴェンゲルは自身の後継者にアンチェロッティを望んでいたというのだ。そう明かしたのはイタリア人記者のチーロ・ヴェネラト氏で、アンチェロッティもアーセナルの仕事に興味を示していたようだ。

「昨夏のストーリーの裏側を教えられるよ。アーセン・ヴェンゲルは自身の後継者としてアンチェロッティを見ていた。アンチェロッティといえばカナダ人の奥さんがいて、家族はロンドンに住んでいる。彼も興味はあったんだ。ただアーセナルはウナイ・エメリを選択し、アンチェロッティもナポリとサインした。アンチェロッティはアーセナルが自身を却下したことを忘れていないよ」

アンチェロッティも昨夏ヴェンゲルの後任候補の1人として何度か話題に挙がっていたが、実現することはなかった。エメリとアンチェロッティのどちらが良かったのかは分からないが、その2人がヨーロッパリーグの舞台で顔を合わせるのは興味深い。英『Daily Mirror』は昨夏の一件からアンチェロッティがアーセナル撃破に燃えているのではないかとも伝えているが、このビッグマッチを制するのはどちらなのか。指揮官のプライドも懸かった戦いだ。