自民、米FBから意見聴取

巨大IT規制、4月に提言

©一般社団法人共同通信社

 自民党は22日、巨大IT企業の規制強化を検討するための会合を開き、米交流サイト大手のフェイスブック(FB)の日本法人から報道非公開で意見を聴取した。自民党は4月にもデータ独占対策などを盛り込んだ提言をまとめ、政府の成長戦略への反映を目指す。

 FBは21日に数億人分のパスワードが社内で閲覧できる状態になっていたと発表。出席者によると、この問題に関してFB側の出席者が会合の中で謝罪し、今後、個人情報の適切な管理に努めると説明があったという。

 自民党の競争政策調査会は今後、不当な取引を未然防止するルール作りを目指し、提言をまとめる。