8年ぶりに福島・川俣町で卒業式

春から休校の山木屋小学校

©一般社団法人共同通信社

福島県川俣町の山木屋小学校の卒業式に臨む6年生の5人=22日午前

 東京電力福島第1原発事故で避難し、昨年春に再開した福島県川俣町の山木屋小学校は22日、8年ぶりに地元で卒業式を開いた。6年生の5人が卒業すると児童がゼロになり、新入生もいないため再開からわずか1年で休校となる。

 卒業証書を受け取った5人は、別れの言葉として「お母さんのような、人を思いやれる人になりたい」「陸上大会で、お父さんの応援で力を出しきることができた」と、一人一人が保護者への感謝の気持ちを述べた。涙ぐみ、言葉に詰まる児童もいた。

 川俣町では2017年3月末に避難指示が解除され、18年4月に山木屋中との一貫校として再開した。