障害児死亡、施設側に賠償命令

健常者賃金も算定根拠

©一般社団法人共同通信社

 2015年に東京都八王子市の障害児施設から行方不明となり、遺体で見つかった松沢和真さん=当時(15)=の両親が、安全管理を怠ったとして施設を運営する社会福祉法人藤倉学園(東京)に約1億1400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は22日、健常者の平均賃金を基に賠償額を算定した上で個別事情などを考慮し、約5200万円の支払いを命じた。

 田中秀幸裁判長は、松沢さんが死亡したのは職員の過失で、施設は使用者責任を負うと述べた。さらに「松沢さんは特定の分野では、健常者と同等かそれ以上の能力を発揮する可能性があった」と指摘した。