東証続伸、終値18円高

円高懸念、米利上げ見送りで交錯

©一般社団法人共同通信社

東京証券取引所=東京・日本橋兜町

 22日の東京株式市場は、円高懸念の売り注文と、米利上げが年内は見送られるとの見方を好感した買い注文が交錯する中、日経平均株価(225種)は続伸した。

 終値は休日前の20日と比べ18円42銭高の2万1627円34銭。東証株価指数(TOPIX)は2.72ポイント高の1617.11。出来高は約13億6559万株だった。