有吉弘行がNHKでお金バラエティー「“チコちゃん”みたいになれば」

©株式会社東京ニュース通信社

NHK総合で4月6日にスタートする「有吉のお金発見 突撃!カネオくん」(土曜午後8:15、初回は午後7:30)の取材会が行われ、出演する有吉弘行、田牧そら、番組キャラクターのカネオくん(声=千鳥・ノブ)が出席した。有吉は「『“チコちゃん”みたいになれればいいな』というのが合言葉でやっています」と同局の人気番組「チコちゃんに叱られる!」(金曜午後7:57)への対抗意識をアピールした。

同番組は普段なかなか聞くことができない「お金にまつわる秘密」を掘り下げていくバラエティー。6回の特番を経てレギュラー化される。カネオくんの声を担当するノブは「キャラクター史上一番声が汚いのではないか。なんで僕を選んでくれたのかが不思議です。ちょっと前に『旅するフランス語』(Eテレ、火曜深夜0:00)で、旅人の黒木華さんのフランスロケのナレーションをしましたけど、SNSが荒れに荒れていた。そんな中で僕を選んでくれたのはうれしいです」と苦笑いを浮かべながら喜びを明かした。

有吉は「本番中はブースにいるノブちゃんを見てしまうので、(カネオくんを)誰も見ていない。もうちょっと集中していきたい。でも、こんなに中の人(ノブ)を映す番組もなかなかないですよ。たまに“カネオくん”じゃなくて、“ノブちゃん”と呼んでしまうことがある」と収録での反省点を明かしつつ、「ノブちゃんには、あまりテレビに映らないからって、ゆったりとした服装でスタジオに来るのはやめてほしい。われわれの士気が下がるので、もうちょっとビシッとした格好で来てほしい」とノブに注文をつける場面も。

また、共演の田牧が「このスタジオにあるものの値段が知りたい」とカメラや照明に興味を示すと、有吉は「あの人たち(スタッフ)の給料とかもね。僕はNHKに出入りするタレントにギャラ事情を聞きたいですね。悪いとも、意外とそうでもないとも聞いたりするし、まだちょっと分からないので」と悪乗りしていた。