まんが美術館PRに矢口氏、秋田

横手出身の漫画家

©一般社団法人共同通信社

秋田県の横手市増田まんが美術館のPRをする漫画家の矢口高雄さん=22日午後、東京都渋谷区

 5月1日にリニューアルオープンする秋田県の横手市増田まんが美術館が22日、メディア向けのPRイベントを東京都渋谷区で開いた。同市出身で「釣りキチ三平」の漫画家矢口高雄さんも出席し「昔、漫画は子どもの読むものだと言われた。それを変えるために美術館をつくることになった」と振り返った。

 名誉館長も務める矢口さんは「どこの国に行っても日本の漫画は大人気だ」と述べた。マンガ学部を持つ京都精華大の吉村和真副学長も参加し「美術館は20年以上にわたって原画の保存と活用をしており、どこよりも蓄積がある」と評価した。