台湾人男性に在留特別許可

日本人との同性カップル

©一般社団法人共同通信社

在留特別許可が出たことについて記者会見する台湾人の男性(手前)。奥は日本人同性パートナー=22日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

 千葉市に住む50代の日本人男性と約25年間同居している40代の台湾人男性に対する国外退去処分を法務省が撤回し、在留特別許可を出したことが22日、分かった。15日付。台湾人の男性は処分の取り消しを求めて東京地裁に提訴していたが、許可を受けて訴訟を取り下げた。男性側の弁護団が明らかにした。

 弁護団は、同性の日本人をパートナーに持つ外国人に在留特別許可が出たのは初めてとし「(実質的には婚姻関係にある)同性カップルであることが許可の重要な判断要素になったと考えている」と話した。