日本が準決勝進出 バドミントン・アジア混合団体選手権

©新華社

日本が準決勝進出 バドミントン·アジア混合団体選手権

22日、女子シングルスの試合でサーブする日本の大堀彩。大堀彩はマレーシアのホ・イェンメイを2-0で下した。(香港=新華社記者/盧炳輝)

 【新華社香港3月22日】バドミントンのアジア混合団体選手権は22日、中国香港のクイーン・エリザベス・スタジアムで準々決勝が行われ、日本はマレーシアを3-0で下し準決勝に進んだ。

日本が準決勝進出 バドミントン·アジア混合団体選手権

22日、女子シングルスの試合でレシーブする日本の大堀彩。大堀彩はマレーシアのホ・イェンメイを2-0で下した。(香港=新華社記者/盧炳輝)

日本が準決勝進出 バドミントン·アジア混合団体選手権

22日、男子シングルスの試合でレシーブする日本の常山幹太。常山幹太はマレーシアのチャム・ジュンウェイを2-1で下した。(香港=新華社記者/盧炳輝)

日本が準決勝進出 バドミントン·アジア混合団体選手権

22日、男子ダブルスの試合でレシーブする日本の保木卓朗(手前)、小林優吾組。(香港=新華社記者/盧炳輝)

日本が準決勝進出 バドミントン·アジア混合団体選手権

22日、男子ダブルスの試合でレシーブするマレーシアのヌル・イズディン(右)、ゴー・ジーフェイ組。同ペアは日本の保木卓朗、小林優吾組に1-2で敗れた。(香港=新華社記者/盧炳輝)

日本が準決勝進出 バドミントン·アジア混合団体選手権

22日、女子シングルスの試合でサーブするマレーシアのホ・イェンメイ。ホ・イェンメイは日本の大堀彩に0-2で敗れた。(香港=新華社記者/盧炳輝)