西島秀俊主演「名探偵・明智小五郎」で濃いメンバーが“中年探偵団”結成!

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ朝日系で3月30、31日の2夜連続で放送される「名探偵・明智小五郎」(午後9:00)は、推理作家・江戸川乱歩が生み出した名探偵・明智小五郎が、現代を舞台とした新しいアプローチでよみがえる西島秀俊主演のスペシャルドラマ。本作では、原作で明智とタッグを組む「少年探偵団」が、中堅バイプレイヤーによる「中年探偵団」へと様変わりする。

本作では、原作で明智とタッグを組む「少年探偵団」の団長・小林芳雄少年は、サイバー犯罪の専門家・警視庁刑事部サイバー捜査支援室の小林捜査官(伊藤淳史)として描かれ、現代を舞台にキャラクターも進化を遂げている。そんな中、「少年探偵団」も「中年探偵団」に成長し、池田鉄洋演じる羽柴壮二、大倉孝二演じる桂正一、そして上田遥が扮(ふん)する柴崎始花が、明智事務所でハッカー集団「チームBD」を結成し、明智と小林捜査官をハッキング技術でサポートしていく。

「中年探偵団」の参戦について伊藤は「皆さんとにかく濃いです!! 個性が強すぎて大変なことになっていると思います(笑)」とコメント。さらに「どのシーンもいつも僕の予想を超えてきてくださいました! 撮影現場の雰囲気はとても良かったです。3、4日で事務所のシーンは撮り切ったのですが、あっという間でした」と笑顔で撮影を振り返った。

また、「現代版、明智小五郎が大活躍します! 警察、医療、サイバー犯罪…。一瞬も目を離せない展開になっています。そして笑えます! アクションもすごいです! 池鉄さん(池田鉄洋)が何かを吹き出します! ぜひご覧ください」と畳み掛けるように期待をあおった。