【高校野球】センバツ開幕戦から延長戦! 市和歌山が11回サヨナラで公立高校対決制す

©株式会社Creative2

第91回選抜高等学校野球大会の開幕試合は市和歌山が勝利

春14年ぶり勝利 4打席無安打の片上が11回裏にサヨナラ中前打

 第91回選抜高校野球大会が23日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕した。大会1日目の第1試合では市和歌山(和歌山)が延長11回の末、呉(広島)に3-2でサヨナラ勝利。公立対決を制して、14年ぶりにセンバツ勝利を収めた。

 市和歌山は初回、先頭の山野雄也(3年)の右中間二塁打、2番・下井田知也(3年)のバントヒットからチャンス作ると緒方隆之介(3年)の併殺で1点を先制、5回には1死一、二塁からも緒方が左前適時打を放ち、2点目を奪った。

 先発の2年生左腕の岩本真之介投手は初回から直球と大きく縦に割れるカーブのコンビネーションで呉打線を封じ込んだ。四死球は出すものの7回2死に呉の池田駿(3年)に右前適時打を浴びるまで、ノーヒットピッチングを見せていた。

 しかし、2-1の9回1死。呉の4番・沼田歩(3年)が右中間を大きく破る三塁打を放つと、途中出場の真田和弥(3年)がスクイズ。土壇場で追いつかれた。

 両校譲らず、迎えた延長11回裏、市和歌山はヒットと敵失などで2死二塁の好機にここまで4打席無安打だった片上柊也(3年)が中前へサヨナラ打を放った。

 粘りを見せた呉は2年前のセンバツでも開幕戦を戦い、その時も至学館(愛知)相手に2-4の9回に同点に追いつき、延長12回の末、勝利した。今回は初戦敗退で再現とはならなかった。

 公立、ともに市立高校の対決は市和歌山に軍配が上がった。岩本は11回を投げ、2安打2失点、134球を投げた。対する呉の先発・沼田仁(3年)は10回2/3は11安打されたが3失点。球数は150球に達した。(Full-Count編集部)