《春の主役2019》卓球男子団体 8強を目指し、気合を入れて練習に励む樹徳男子

©株式会社上毛新聞社

8強を目指し、気合を入れて練習に励む樹徳男子

 卓球男子団体の樹徳は、関東王者として全国の強豪に挑む。昨年12月の関東高校選抜では全国トップクラスの選手を擁する埼玉栄を破り、1960年の創部以来、初めて頂点に立った。勢いに乗るチームを率いる主将の池田聡太は「全国でも創部初のベスト8に入る」と燃えている。

 勝敗を大きく左右するダブルスは、ラリーのテンポが速い池田とボールの回転を自在に操る吉野希望が出場する。関東選抜では、最終ゲームで1-7と追い込まれてから逆転勝利。吉野は「諦めずに戦ったら相手のミスが出てきた。どんな相手でも粘れば勝ちにつながることが分かった」と自信を付けた。