オリ後藤が本塁へレーザービームで同点許さず 阪神との関西ダービー2連勝

©株式会社Creative2

西浦が3打点の活躍、投げては東明が7回途中2失点の粘投

■オリックス 4-2 阪神(オープン戦・23日・京セラドーム)

 オリックスは23日、阪神とのオープン戦を4-2で勝利した。初回無死三塁から西浦の二ゴロの間で先制すると5回には西浦が2点タイムリーを放ちリードを広げた。投げては先発の東明が6回1/3、7安打2失点と粘りの投球を見せた。

 初回に先頭の福田が右中間へ三塁打を放つと、続く西浦の二ゴロの間に三走・福田が生還し先制に成功。5回には2死から一、三塁のチャンスを作ると西浦が中前2点タイムリーを放ちリードを広げる。

 阪神は6回に1死一、三塁の好機で糸井が右翼線へ2点タイムリーを放ち1点差に迫ったが、その後はオリックスの中継ぎ陣からあと1本が出ず。

 8回には1死一、三塁のチャンスで大山が打ち上げた右翼への飛球で同点に追いついたかに見えたが、右翼・後藤が本塁へノーバウンド送球を見せ、タッチアップで本塁を狙った三走・木浪はタッチアウトとなった。

 オリックスは9回に2死から大城の右翼線二塁打で出塁すると、福田が右中間へタイムリー三塁打を放ちダメ押しに成功した。(Full-Count編集部)