Iflixがフットボールトライブ・マレーシアとの提携発表。国内戦を無料放送

©フットボール・トライブ株式会社

東南アジア最大手の動画ストリーミング配信会社「iflix」がフットボールトライブ・マレーシア(FTマレーシア)と提携することを発表した。

「iflix」とFTマレーシアが協力し、国内サッカーの生放送を無料配信することで、マレーシアリーグは2019年に再び注目の的になるだろう。「iflix」は世界22カ国で利用できる、東南アジア最大級のエンターテインメントサービスだ。

マレーシア・サッカーリーグ(マレーシア1部)と提携したことにより、「iflix」は2018年1月から向こう10年間に渡って、オンライン上での試合の独占放映権を獲得している。

以降、チャリティカップやスーパーリーグ、Shopee FAカップ、チャレンジカップ、マレーシア・カップなどすべての試合を再放送やハイライト、オリジナルのショートコンテンツを含めると、800試合以上配信してきた実績を持つ。

ホームページにアクセスすれば、「iflix」とFTマレーシアのコラボにより、FTマレーシアを介してすべてのマレーシアサッカーの試合を無料で楽しむことができる。登録はここから行える。

FTマレーシアのCEOアッシュ・ラマンは記者会見で以下のように語っている。

アッシュ・ラマン

「この提携はマレーシアリーグに熱をもたらすことになるでしょう。それだけでなく、iflixとFTマレーシアが国内サッカーの人気向上を後押ししているサインでもあります。国内サッカー放送の質を改善することに対するiflixの真剣さは、彼らがその国のサッカーを成長させることに積極的であることの証明です。

FTマレーシアのプラットフォームを利用することで、マレーシア・リーグのサポーターの皆さんは試合を自分の都合の良いタイミングで観戦し、マレーシアのサッカーを最大限に体験することができるでしょう。国内サッカーファンの皆さんは、直接的にアクセスし、試合やハイライトを観ることができます」

「iflix」の最高マーケティング責任者ジェイソン・モンテイロ氏は以下のように語っている。

ジェイソン・モンテイロ

「iflixは引き続き、サッカーファン・ファーストを継続し、マレーシアのサッカーをiflixの最もアクセスしやすいコンテンツにするという私たちの誓約を維持していきます。FTトライブと提携し、私たちのライブストリーミング技術を共有することにとてもワクワクしています。ファンの皆さんは生配信、ハイライト、オリジナルのショートコンテンツ、などを楽しむことができるはずです」

「iflix」とFTマレーシアの提携により、マレーシア国内のサッカーシーンを発展させ、新たなステージへの扉を開くだけでなく、いつでも、どこでも試合をリアルタイム観戦できるという価値を経験できる期待がなされている。

「iflix」とは

iflixは世界有数の新興市場向けエンターテインメントサービス。テレビ番組、映画、スポーツ中継など、魅力的なコンテンツを備えている。ネット環境さえあれば、いつでも、どこでも世界中の最新のニュースやストリーミングをダウンロード、もしくはオンライン上で視聴可能だ。

新興国市場における、10億人以上の利用者のために特別に作られたiflix。「iflixFREE」「iflivVIP」の2つの優れた製品を利用者に提供している。

iflixは現在マレーシア、インドネシア、フィリピン、タイ、ブルネイ、スリランカ、パキスタン、ミャンマー、ベトナム、モルディブ、クウェート、バーレーン、サウジアラビア、ヨルダン、イラク、レバノン、エジプト、スーダン、カンボジア、ネパール、バングラデシュ、モロッコで利用できる。

詳細はこちらから

「フットボールトライブ・マレーシア」について

フットボールトライブ・マレーシアは公平な姿勢、分析系記事、革新的なコンテンツで知られる、マレーシアを代表するスポーツwebサイトの1つ。

フットボールトライブは、日本、タイ、ベトナム、インドネシア、韓国、モンゴル、インド、サウジアラビア、マレーシア、イラン、イギリスの11カ国で展開中。