結婚生活30年で「離婚調停」…戸惑う相談者に江原が助言

©ジグノシステムジャパン株式会社

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents江原啓之 おと語り」。今回は、30年間共に暮らした夫と離婚調停中……という相談者からのメッセージを紹介。江原が“ことば”を届けました。

◆すれ違いで夫の不満が溜まり…
「私はただ今、離婚調停中です。夫とは30年、暮らしを共にしました。子どもは3人、どの子も順調に育ち、大変幸せでした。破綻したのは、夫の仕事が重役の為、忙しかったことと、私の習い事などですれ違いの時間が多くなり、夫側の不満が溜まってしまったことによります。2人で話し合って買ったマンションには、一緒に1年過ごしただけで、夫が家を出て別居状態になりました。

何度も私からやり直そうとメッセージは送り続けましたが、聞き入れてもらえず2年が経過。厳しい条件の財産分与を提示してみても、条件は飲むから離婚したいの一点張り。とうとう近いうちに決着することになりました。子どもたちは成人しているので、養育費の問題はないけれど、1度、破綻したらもう元には戻れないものでしょうか。

専業主婦でしたが、今は働きながら、将来どうしていこうか思案しています。もう相手の気持ちが変わらないようなので、思い切って別れたほうがよいのでは、と思いながら、あまりにも急な展開に自分でも驚いています。ここは流れに逆らわず、別れることを選んだほうが良いでしょうか?」

◆江原からの“ことば”
「別れたほうがいいでしょうね。子どもが巣立ってしまったので、留まるものはなくなってしまった。一旦、お互いが自由になったほうが、友達になれるかもしれない。旦那さんも離婚して自由を満喫したいのかもしれない。仕事もやるだけやったし、経済面もみんなみているし。別れたほうが“どうなの? 体調は? ”などと、一番良い距離の持ち方でいられるかもしれない。一番良い道を選択できるかもしれないですからね。結婚というのは、婚姻だけの問題。人間の心の学びなのです」

◆江原啓之 今夜の格言
「甘え合うことが夫婦ではありません」
「理解し合う学びこそが、夫婦の学びなのです」

番組では、江原に相談に乗って欲しい悩みや感想、メッセージを募集しています。こちらにどしどしお寄せください。


【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年3月25日(月) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。


【番組概要】
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM OH! 毎週日曜 22:00~22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/