米子東1―4札幌大谷

太田、粘って1失点完投

©一般社団法人共同通信社

米子東戦に先発した札幌大谷・太田=甲子園

 札幌大谷は太田が6四死球を与えながらも要所を締めて粘り、1失点で完投した。手元で巧みに球を動かし、バットの芯を外す投球が光った。打線は一回に北本の先頭打者本塁打で先制し、1―1の三回に石鳥の適時三塁打などで3点を勝ち越した。

 米子東は先発の森下が緩急を使って中盤以降は踏ん張ったが、打線が援護できなかった。