中核市で関西初 明石市の児童相談所で開所式

©株式会社 サンテレビジョン

関西の中核市で初めてとなる児童相談所が4月から運用されるのを前に24日、兵庫県明石市で開所式が開かれました。

24日の開所式には明石市の泉房穂市長や関係機関の職員ら120人が集まりました。

「明石こどもセンター」は鉄骨2階建てで延べおよそ2300平方メートルで、即応の必要がある虐待事案を担当する「緊急支援課」やこどもや家庭への支援を行う「こども支援課」など5つの課が設けられています。

社会福祉士や臨床心理士、それに弁護士などおよそ70人体制で、中核市での児童相談所の設置は関西では初めてだということです。

「明石こどもセンター」は4月1日から運用されます。