ネイマールらがブラジル代表の「10」番に祝福の言葉。パナマ戦で代表キャリア初ゴール

©フットボール・トライブ株式会社

ブラジル代表のルーカス・パケタ(写真左) 写真:cbf.com.br

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールは、同国代表の背番号「10」に対して賛辞を送っているようだ。現地時間24日、イタリアメディア『フットボール・イタリア』が伝えている。

今冬ミランに加入したMFルーカス・パケタは今月の代表ウィークにおける国際親善試合2試合でブラジル代表のメンバーに選出されており、背番号は「10」を着用している。

そのパケタは現地時間23日に行われた国際親善試合・パナマ戦で32分に先制ゴールを決めたものの、試合は1-1のドローに終わりブラジルメディアは悲観的な報道が駆け巡っていた。

しかしその中でもブラジル代表における自身のキャリアで初得点をマークした同選手にはネイマールが「ゴールを決めておめでとう!」と自身のインスタグラムを通じて祝福のコメントを寄せると、元ブラジル代表のカフー氏も「彼に10番を与えた信頼を示すためにも非常に重要なゴールだ。彼はミランでとてもうまくやれているし、ブラジル代表でも輝くだろう」と期待を寄せている。

昨夏のワールドカップ・ロシア大会でベスト8止まりに終わったブラジル代表であるが、コパ・アメリカ2019に向けて新たなタレントが現れたことが今後のチーム編成において好材料となりそうだ。