石岡一サヨナラ負け 岩本力投及ばず 春のセンバツ

©株式会社茨城新聞社

盛岡大付戦で11奪三振の力投を見せた石岡一・岩本=甲子園

第91回選抜高校野球大会は25日、阪神甲子園球場で1回戦を行い、21世紀枠で春夏を通じ初出場となる本県の石岡一は、第2試合で盛岡大付(岩手)に延長十一回、3―2でサヨナラ負けを喫した。

石岡一は三回、先頭の滑川孝之介(2年)が四球を選び、犠打などで2死三塁とした後、相手失策で1点を先制。九回には2死から滑川、古屋健太郎(同)、武田翼(3年)の3連打で1点を追加した。

主戦・岩本大地(同)は強打の盛岡大付打線を被安打5、11奪三振の力投を見せたが、九回は直球を狙われ、同点に追いつかれ、十一回には1死満塁から自身の失策も絡み、力尽きた。

■石岡一・川井監督
「悔しいが、子どもたちに思い切りやらせることが目標だった」

■石岡一・酒井主将
「中途半端では勝てないことが分かった。岩本を援護できる打線をつくりたい」