メルセデス 新型Aクラスにクリーンディーゼルエンジンモデルが登場|価格は399万円

©オートックワン株式会社

メルセデス 新型Aクラス「A 200 d」 クリーンディーゼルエンジンを搭載

メルセデス 新モデル「A 200 d」予約受付開始

メルセデス・ベンツは新型直列4気筒クリーンディーゼルエンジンを搭載した「A 200 d」の予約注文受付を2019年3月25日より開始する。価格は399万円(消費税込み)。

「A 200 d」の特長

新型Aクラスに追加される「A 200 d」はメルセデス・ベンツのコンパクトモデルで初となる、クリーンディーゼルエンジンを搭載したモデルである。

新型直列4気筒クリーンディーゼルエンジン「OM654q」は、優れた燃費性能を誇る直列4気筒クリーンディーゼルエンジン「OM654」をベースに横置きに対応したエンジンで、従来の排出ガス処理システムに加え、アンモニアスリップ触媒を備えるSCR触媒が増設されている。

その結果、欧州で2020年から施行予定のEURO6d規制や、ステージ2RDE(実路走行試験)規制に前もって適合する環境性能が確認されている。

新型クリーンディーゼルエンジンと8速トランスミッション

メルセデス 新型Aクラスに「A 200 d」を追加 新型直列4気筒クリーンディーゼルエンジン「OM654q」

「A 200 d」に搭載される「OM654q」は、最高出力150PS(110kW)、最大トルク320Nmであり、加速性能と静粛性を両立させている。

シリンダーピッチを90mm、シリンダー間の厚みを8mmとして、全長をコンパクトにまとめたシリンダーブロックは軽量化のためにアルミニウム製となっている一方、ピストンはスチール製である。この熱膨張率の異なる素材を採用することで40%以上の摩擦を低減している。

また組み合わされるトランスミッションは新開発の8速デュアルクラッチトランスミッション「8G-DCT」となり、環境性能や動力性能に貢献している。

スペックと価格

■エンジン:2.0L、L4直噴ディーゼルターボ

■ステアリング:右

■価格:399万円(消費税込み)