【代表】マラドーナ氏が失態演じたアルゼンチン代表を激しく非難「シャツを着るに値しない」

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

サッカー界のレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏がベネズエラ代表に歴史的敗戦を喫したアルゼンチン代表について言及。失態を演じたチームを痛烈に批判した。

【代表】メッシが代表復帰戦で先発出場を果たすも…3失点を喫しベネズエラに敗北

スペインの首都マドリードで行われた一戦は、アルゼンチンが前半だけで2点ビハインドを喫するまさかの展開に。後半に入り、代表復帰を果たしたリオネル・メッシのチャンスメイクから1点を返すものの、PKで追加点を許しアルゼンチンは歴史上初となるベネズエラ戦敗北となった。現在メキシコ2部リーグのドラドス・シナロアで監督を務めているマラドーナ氏は同試合について、ホラー映画に見立てて糾弾した。

【ラ・リーガ】マラドーナの意見にアビダル氏が反論「メッシはキャプテンのお手本」

「ホラー映画を好まないが、アルゼンチン協会の人間はどうすればあんなに不適切な振る舞いが出来るのか分からないよ。ベネズエラはベストなプレーをしていた。我々の世代からすればアルゼンチンの精神が傷つけられているように感じる。今のチームは代表のシャツを着るに値しないし、歴史に失敗が刻み込まれた。‎クラウディオ・タピア(アルゼンチンサッカー協会会長)は何がしたいのか分からないね」。またマラドーナ氏は最後に「協会の嘘つきたちを信じているファンや選手には申し訳ないが、アルゼンチンの威信にかけてこれからも結果を出していかなければならない」と締め括った。

アルゼンチン代表を痛烈に非難したマラドーナ氏