ソフトバンク、VRプラットフォームアプリ「LiVR」。VRで野球中継を配信

©株式会社 音元出版

ソフトバンクは、スマートフォン向けVRプラットフォームアプリ「LiVR」を3月25日から提供開始した。福岡ソフトバンクホークス公式戦などのVRコンテンツが配信されるとしており、福岡ソフトバンクホークス公式戦の場合の価格は月980円(税込)、もしくは1試合216円(税込)。そのほかの価格はコンテンツごとに異なる。

LiVR

LiVRは、スマートフォンでVR映像を視聴するためのアプリ。iOS(11.0以上)とAndroid(6.0以上)に対応しており、VRゴーグルと組み合わせることで、VR映像を楽しむことができる。またVRゴーグルを使用しない状態で映像を視聴できる「スマホモード」も搭載する。

VRモード(左)、スマホモード(右)

VRモード/スマホモードのどちらのモードにおいても、複数の視点を切り替えながらの映像視聴が可能。例として福岡ソフトバンクホークスの試合を挙げると、ホームベース後方/一塁側/三塁側/ライトスタンドといった4ヶ所に設置された映像を自分で切り替えながら視聴できるという。

さらに福岡ソフトバンクホークス戦のライブ配信では、VR空間上の2Dスクリーンに、独自技術で高画質中継映像を表示。これにより、臨場感のある試合を楽しめるとしている。

アプリ画面のイメージ

福岡ソフトバンクホークス戦(980円・税込/月)には、7日間の無料体験期間が用意。また提供開始を記念し、4月30日までは無料体験期間が30日に拡大される。

現時点で予定されているコンテンツと価格は以下の通り。無料のコンテンツも用意される。