【プレミアリーグ】新スタジアムがついにオープン!ポチェティーノ監督も感極まる…「トッテナムの夢が叶った」

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

トッテナム・ホットスパーのマウリシオ・ポチェティーノ監督は、オープンとなった新スタジアムでU-18チームの試合を観戦。ようやく完成したスタジアムを目の当たりにし、感涙したと語った。

【プレミアリーグ】「世界で最も美しい場所」ロリスがトッテナムの新スタジアムを絶賛!

去年の夏から先延ばしとなっていたトッテナムの新スタジアムが現地時間3月24日についにオープンした。記念すべき最初の試合はU-18チームによるサウサンプトン戦で、若き選手たちは3-1と勝利。今試合は旧本拠地ホワイト・ハート・レーンでのラストマッチから実に679日ぶりにの出来事となった。歴史的な一日に、トッテナム就任5年目を迎えるポチェティーノ監督も感極まったとコメント。試合のハーフタイムにはピッチに立ってファンに挨拶し、喜びの表情を浮かべた。

「私たち全員が同じように興奮している。ホワイト・ハート・レーン最後の日と同じように、新スタジアムがオープンしたこの日も気持ちが昂って涙している。私たちの夢が叶ったんだ。泣いたっていいじゃないか」。新スタジアムでは30日にもイベントを予定していて、トッテナムとインテルのOBらによるレジェンドマッチが開催される。

新スタジアム完成にポチェティーノ監督も感涙