水原希子、「やべーなおい…」突然のコンドーム写真投稿に戸惑いの声

©メディアシンク株式会社

インスタグラム:水原希子(@i_am_kiko)より

モデルで女優の水原希子(28)が自身のインスタグラムに投稿した内容に戸惑いの声が上がっている。水原といえば先日、「That’s a wrap! 辛苦了」とコメントを添え、目の周りには長方形にアイシャドウのようなものが塗られている、個性的なメイクを施した鏡越しの自撮り写真をアップ。この投稿を見たファンからは、「何のメイクも似合うね」「カッコイイ!!」などの声が集まり話題になったばかり。

そんな水原が24日の投稿で「Jenny Holzer 🔗 Untitled (Expiring For Love Is Beautiful But Stupid) 1985」(愛のために死ぬことは美しいがばかげてる)とつづり、この言葉がプリントされているコンドームのパッケージの写真を公開した。この言葉は水原のコメントにある通り、美術家のJenny Holzer(ジェニーホルツァー)のメッセージ・アートのひとつだった。

このコンドーム自体もJenny Holzerのエキシビジョンで展示されていた作品のひとつなのだが、何も知らないファンからすれば突然のコンドーム写真の投稿に驚いたようで「えー(汗)コンドームかい」「やべーなおい」「ゴム付けろって事?」というような声が上がっていた。

アート作品だと分かっているファンからは「文字で伝えるアートってすごいですね」というような共感の声も寄せられていたのだが、何もわからないままコンドーム写真の投稿に戸惑ったファンもいたようだった。