日中は広い範囲でポカポカ陽気 北陸以北の日本海側は大気不安定

©株式会社ウェザーマップ

26日(火)最高気温の予想分布

 きょう26日(火)は全国的に気温が高く、日中は広い範囲でポカポカ陽気となりそうだ。ただ、北陸以北の日本海側では大気の状態が不安定になるため、所々で雨や雷となる見込み。太平洋側でも、午前中は沿岸部を中心に雨の降る所がありそうだ。

26日(火)全国天気予報

東海から西は上着いらずの暖かさ

 日中の気温は全国的にきのうより高く、全国的に4月上旬から中旬並みの暖かさとなる。特に東海や西日本では18℃前後まで上がって、昼間は上着いらずの陽気となりそうだ。北日本など、雪が多く残っている所ではなだれや落雪などに注意が必要となる。

26日(火)午前9時と午後9時の雲と雨の予想

太平洋側 午前中は沿岸部で雨の所も

 午前5時現在、南の海上にまとまった雨雲があり、その一部が太平洋側にかかっている。南の海上を進む低気圧や前線の影響で、このあとも関東から西の太平洋側では昼前まで、沿岸部を中心に雨の降る所がありそうだ。
 ただ、午後になると雨雲は離れていくため、晴れ間が戻ってくる見通し。

26日(火)夕方発雷確率予報

北陸以北の日本海側 落雷・突風・ひょうに注意

 一方、北陸以北の日本海側では別の前線の影響をうけるため、不安定な空模様となる。北日本では午前中から所々で雨となり、北陸でも夕方以降、雨が降り出す見通し。発雷確率が高く、雷を伴う所もありそうだ。
 きのうは秋田県でひょうが観測されたが、きょうも落雷や突風、ひょうに注意が必要となる。また、沿岸部を中心に風も強まるため、強風や高波にも併せて注意が必要だ。(気象予報士・多胡 安那)