平熱が低いと体に悪いの? 医師が回答

©株式会社ニッポン放送

「草野満代 夕暮れWONDER4」(3月20日放送)で、平熱について医師が解説した。

リスナーから寄せられたメール『平熱が低いのは、体に悪いの?』に対し、医師が回答した。

高齢になると体温を調節する機能が低下してきます。高齢の方の体温が35℃以下になることを老人性低体温症といい、場合によっては意識がもうろうとしたりうまく歩けなくなるなど危険な症状が現れます。

平熱が35.7度程度だと、そういった危険な症状は出ないと思われます。体温を維持するためにバランスのとれた食事をとる、体をよく動かすといった健康的な生活を積み重ねてください。平熱は年齢に伴って低下してきます。65歳以上の方の平熱は50歳以下の方と比べておよそ0.2度以上低いという調査結果があります。

また一日のうちでも一年の季節の移り変わりの中でも体温に変化があることはご存知ですか? 一日の中の変化では、明け方4時頃の体温が一番低く、日中から夕方にかけては高め、夜になるとまた下がってきます。体温を調節する機能が低下するので、冬は低め、逆に夏は高めになります。季節ごとの平熱を測ってみてください。

 

草野満代 夕暮れWONDER4
FM93AM1242ニッポン放送 月曜-木曜16:00-17:40

radikoのタイムフリーを聴く