菜の花400万本 見ごろ 五島・魚津ケ崎公園

©株式会社長崎新聞社

 四季折々の花が楽しめる長崎県五島市岐宿町の魚津ケ崎(ぎょうがさき)公園で、春の訪れを告げる約400万本の菜の花が見ごろを迎えている。4月中旬まで楽しめそう。
 昨年12月、地元ボランティア「魚津ケ崎花づくり実行委」のメンバーが2ヘクタール余りの敷地に種をまいた。黄色いじゅうたんを広げたように大地を彩り、家族連れなどが散策したり、写真を撮ったりして楽しんでいる。
 ペットの犬を連れ、娘や孫と一緒に訪れた同市籠淵町の成松せき子さん(60)は「とてもきれいに色づいていて、春を感じる」と笑顔で話した。
 4月12、13日は午後7時~8時半、ライトアップ。14日午前10時からは現地で同実行委主催の「魚津ケ崎菜の花まつり」があり、バラモン凧(だこ)などが当たる抽選会や餅まきなどを予定している。

菜の花が見ごろを迎えている魚津ケ崎公園=五島市