先月の輸出入 4.5%795億円

苫小牧港

©株式会社室蘭民報社

 苫小牧税関支署は2019年2月の苫小牧港貿易概況(速報値)を発表した。輸出入額の合計金額は前年同月比4・5%増加の795億4200万円だった。輸出は8カ月連続のマイナス、輸入は2カ月ぶりのプラス。

 輸出額は98億4800万円(同比33・1%減)となった。オランダ、中国、ベトナムなどへの魚介類は増加したが、北米、中国向けの輸送用機器、インド、中国向けの紙は減少。

 輸入額は696億9400万円(同比13・5%増)で、原油、原油粗は中東からの輸入が増加。韓国、中国からの石油製品とオーストラリア、ロシアの石炭は減った。

 外国貿易船の入港は85隻で、入港船の内訳はコンテナが33隻、在来船52隻。国籍は日本籍が3隻、外国籍はパナマ30隻、韓国21隻、マーシャル10隻、リベリア9隻など。 (佐藤重伸)