航空機の座席製造工程で不正か

「ジャムコ」に立ち入り、国交省

©一般社団法人共同通信社

 航空機の調理場や座席、トイレなど内装品の製造を手掛ける「ジャムコ」(東京都立川市)と子会社「宮崎ジャムコ」(宮崎市)が、座席製造の工程で、不正をした疑いがあるとして、国土交通省が航空法に基づき、今年1~3月にかけ、関係先の工場を立ち入り検査したことが26日、同省へ取材で分かった。

 国交省によると、無資格の従業員が部品の検査をしたり、本来の製造手順が守られなかったりした疑いがある。

 ジャムコ側は、同省に対し「安全上の問題はない」と説明しているという。ジャムコの担当者は取材に「検査を受けたのは事実。ご心配とご迷惑をお掛けしおわびする」と答えた。