内藤理沙が「東京独身男子」出演! 斎藤工のVIP審美歯科クリニック受付役

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ朝日系で4月13日にスタートする高橋一生主演の連続ドラマ「東京独身男子」(土曜午後11:15)に、内藤理沙が出演することが決定した。内藤は、三好玲也(斎藤工)が経営する審美歯科クリニックの新人・谷川理子役で、歯科受付として制服を品よく着こなし、玲也の妹・三好かずな(仲里依紗)と共にVIP患者たちを出迎える。

同作はメガバンク勤務の石橋太郎(高橋)、審美歯科クリニック院長の三好、大手弁護士事務所のボス弁・岩倉和彦(滝藤賢一)の“あえて結婚しない男子”=“AK男子”たちが「理想の結婚」を求め、七転八倒する姿を描く大人のラブコメディー。もとからラブコメが好きだという内藤は「参加させていただけるのは本当にうれしく、撮影を楽しみにしていました!」とコメント。理子について「理子は高級志向なVIP患者も多い審美歯科受付で一番の新人。でも受付は経験者という人物なので、初々しさも出しつつお仕事はしっかりこなす。その上で性格的には女の子らしい、いかにも“女子”という感じも出していけたらなと思っています」と意欲的に語った。

共演者については「仲さんとは『黒革の手帖』で初めてご一緒させていただきました。今回は仲さんと同じシーンが多いので、これからいろいろとお話させてもらい、楽しくできればと思っています。斎藤さんは、7年前に私が初めてのドラマ撮影を経験した時にご一緒させていただき、それ以来です。大変優しい方というのが第一印象でした。今回、7年ぶりにもかかわらず覚えていてくださって、『久しぶり』と声を掛けていただきお話をしました。この現場でも、やっぱり本当に優しい方なんだなと改めて思いました。スタッフさんも演者さんも大変優しくて、とても楽しくお話できる現場です。その空気が画面からも伝わるように、この現場の一員として、私も皆さんに楽しく見ていただける作品を作りたいと思っています!」とアピールした。