笑福亭鶴瓶&中居正広が体を張った再現ドラマに出演! 白ブリーフ&ミニワンピで熱演!!

©株式会社東京ニュース通信社

4月2日放送の日本テレビ系「ザ!仰天ニュース 地味に痛くて笑って泣けちゃう2時間スぺシャル!」(午後9:00)では、番組で募集した「地味に痛い経験」を再現ドラマで紹介。笑福亭鶴瓶、中居正広のほか、佐藤栞里、お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信、尼神インター、夢屋まさるらが再現ドラマに出演し、熱演を見せている。

まず、鶴瓶と佐藤が演じるのは、休暇を取ってハワイを訪れた日本人夫婦の体験談。夫がホテルのベランダで読書をしながらのんびりくつろいでいたところ、ショッピングに出掛ける妻が、夫に気付かず窓の鍵をかけてしまう。妻は夕方まで戻らない予定で、灼熱のベランダに締め出された夫は、次第に日焼けと熱中症でピンチに陥る。再現VTRの中で鶴瓶は、フサフサのカツラに真っ白なブリーフ姿となり、絶体絶命の男性の救出劇をコミカルに演じている。

そして、中居はカナダで実際に起きたある事件を再現。コンビニで他人のクレジットカードを使おうとした不審なカップルの女性に扮(ふん)する。怪しいと思った店員がすぐに通報し、警察官が到着するが、カップルは店内を逃げ回る。いよいよ逃げ場がなくなった女性が天井裏に通じる穴を発見し、そこから逃げようとすると、まさかのとんでもなく痛い体験をすることに。ロングヘアにピンクのミニワンピース姿で外国人の女性役を演じた中居は、ぶりっ子な表情やしぐさを連発するほか、体を張った演技も見せている。

続いて、三四郎・小宮は岐阜県の男性の体験談を再現する。風呂に入った男性が風呂の椅子が割れていることに気付かずに座ってしまい、椅子の割れ目に大事なところを挟まれてしまう。小宮は、痛みにもん絶する様子を体当たりで熱演。さらに、唐辛子を触った手でトイレへ行き、股間が激痛に襲われてしまったという男性の体験も再現し、絶妙な演技でスタジオを沸かせている。

また、尼神インター・渚が演じるのは、大阪の唐辛子が大好きな女性。こぼれた高級唐辛子をもったいないと指でつまみ取った後、鼻にむずがゆさを感じた女性は思わず鼻の穴に指を入れてしまい、地獄の苦しみを味わうことに。一方、尼神インター・誠子と夢屋は、新婚ほやほやの超ラブラブな夫婦役に挑戦。夫にもっとかまってほしかった妻が、後ろから夫に抱き着いてイチャイチャしようとした瞬間に起きた痛い体験を再現する。痛みに悶え苦しむ尼神インターの変顔に注目だ。

番組ではほかに、「母の命日に起きた不思議な事件」や「父を亡くした花嫁に起きた奇跡」など感動のストーリーも紹介する。