中仏グローバルガバナンスフォーラム、パリで開催

©新華社

中仏グローバルガバナンスフォーラム、パリで開催

25日、フランスのパリで開催した中仏グローバルガバナンスフォーラム開幕式であいさつするフランスのルドリアン外相。(パリ=新華社記者/高静)

 【新華社パリ3月26日】中国の習近平(しゅう・きんぺい)国家主席のフランス公式訪問に際し、2日間にわたる中仏グローバルガバナンスフォーラムが現地時間25日、パリで開幕した。中国の王毅(おう・き)国務委員兼外交部長、フランスのルドリアン外相が開幕式であいさつし、王暁暉(おう・ぎょうき)中国共産党中央宣伝部常務副部長・国家高端智庫(先端シンクタンク)理事会理事長と仏パリ平和フォーラムのジュスタン・バイス実行委員長が講演した。

 今回のフォーラムは中国国務院新聞弁公室と仏外務省が共催、中国外文局、仏外務省分析・予測・戦略センター(CAPS)が運営に当たり、開幕式は仏外務省講堂で開催された。出席した代表らは「『一帯一路』と相互接続」「多国間主義とグローバルガバナンス」「デジタルガバナンスの課題とチャンス」「気候変動と生物多様性」などの議題を巡って議論を交わし、幅広い共通認識を得た。

中仏グローバルガバナンスフォーラム、パリで開催

25日、パリで開催した中仏グローバルガバナンスフォーラムで発言する王暁暉氏。(パリ=新華社記者/唐霽)

 王暁暉氏は席上、次のように述べた。これは中仏双方にとって初のグローバルガバナンスフォーラム開催であり、先駆的かつ象徴的な意義を持つ。中仏はグローバルガバナンスの上で多くの共通認識を有し、手を携えて「パリ協定」の合意を後押しし、世界の気候変動対策史に一里塚を築いた。人類が直面する地球規模の課題に対し、グローバルガバナンスを整備するには共通認識を凝集し、改革を加速させ、パートナーシップを結び、包括的恩恵を行き渡らせる必要がある。共に話し合い、共に建設し、共に分かち合うというグローバルガバナンス観に基づき、多国間主義を堅持し、地球規模の問題について各国が協議の上で実行し、ガバナンスの成果は各国が分かち合うよう提唱し、開かれた、包括的で利益があまねく行き渡るバランスの取れた、ウィンウィンの経済グローバル化建設を推進する。中国が「一帯一路」構想を提唱するのは、ウィンウィン・共有発展を実現し、人類運命共同体を構築するために他ならない。

中仏グローバルガバナンスフォーラム、パリで開催

25日、パリで開催した中仏グローバルガバナンスフォーラムで発言するバイス氏。(パリ=新華社記者/唐霽)

 バイス氏は席上、仏中両国が国交樹立55周年の記念すべき年に、共にグローバルガバナンス問題に向き合い、手を携えて多国間主義の擁護に尽力するのは三つの理由からだと述べた。まず、仏中の二国間関係がより成熟、安定し、双方の交流が頻繁になり、二国間協力から第三国協力やグローバルガバナンス分野にまで展開が可能になったこと。次に、中国の世界規模の影響力が強まり続け、フランスと欧州連合(EU)が中国と手を携えてのグローバルガバナンスの枠組み擁護を望んでいること。さらに、目下のグローバルガバナンス環境の悪化が仏中両国に深い憂慮の念を抱かせていることが、両国の共同行動につながっていると説明。その上で、中仏グローバルガバナンスフォーラムの開催は、フランスが中国を含むパートナーの国々と向き合って進み、共に協力していこうとする願いの表れだと述べた。

 出席した代表の人々からは次のような内容の発言があった。今回のフォーラムによって「一帯一路」共同建設の共通認識が高まり、世界の包括的経済への見通しが広がった。フォーラムはグローバルガバナンスと多国間主義の共通認識を高めた。一国主義や保護主義が台頭する中、こうした共通認識は貴重である。フォーラムはデジタルガバナンス強化の共通認識を高めた。そして気候変動の課題に協力して対処するという共通認識を高め、地球規模の気候変動に対処し、生物多様性を守るという自信と決意が確固たるものになった。

 今回のフォーラムには中仏双方の政府関連部門の高官や先端シンクタンクの専門家・学者、著名企業幹部と国際機関の代表200人以上が参加した。(記者/徐永春、唐霽)